心の導火線に火をつけて

名古屋に住んでいる理系大卒社畜系男子の雑記

キャッシュレス支払アプリ PAYPAYがなんだかすごいらしい。使用してみた感想など。

 

 

f:id:zinx583:20181213082245p:plain

こんにちはTNTです。

今話題のキャッシュレス支払アプリ、PayPay(ペイペイ)。

 

流れに乗って私もアプリをインストールしましたので使ってみた感想を書いていきます。

 

ペイペイとは

PayPay - QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

ソフトバンクとヤフーが共同出資したベンチャーのキャッシュレス支払アプリです。

 

対応している店舗でアプリのバーコードを読ませることで現金なしで支払できるというものです。

 

仕組みとしては、SuicaとかPASMOに近いと思います。あらかじめチャージしておいた金額分の買い物ができるという仕組みです。

 

チャージだけではなくクレジットカードをアプリに登録し、紐付けできるので、残高が購入金額に満たないときに、即時クレジットカードから引き落とししてくれる優れものです。

 

還元率20%の圧倒的キャンペーン

f:id:zinx583:20181207075238p:plain

今回話題になっているポイントは、100億円キャンペーンというものです。

 

これは購入金額に対して20%分のポイントを利用者への還元額累計が100億ポイントに達するまで、還元してくれるというものです。

しかも、以下の頻度で、購入金額全額分のポイント還元がうけられます。

  • 通常のアプリユーザーは40回に1回
  • Yahoo!プレミアム会員は20回に1回
  • ソフトバンクモバイル会員は10回に1回

 

このキャンペーンのおかげで一気にキャッシュレスの文化が浸透するかもしれません。

 

実際に使用してみた感想

f:id:zinx583:20181207075744j:plain

 

実際に使ってみた感想としては、支払の手軽さはクレジットカードでの支払と大差ないです。

アプリのインストール後、面倒な手続きがなく、簡単な登録で使用できるのは導入障壁がほとんどなく、ありがたいです。

 

私は日々の買い物を出来るだけクレジットカードで支払うようにしています。コンビニでおにぎり一つ買うのにもクレジットカードを使用していました。

 

現在ファミリーマートがペイペイの支払に対応しており、毎日駅前のファミリーマートで昼食を購入しているのでクレジットカード払いからペイペイ払いに変更してみました。

 

店員さんにペイペイで支払う旨を伝えてアプリを開いてバーコードを読み取ってもらうだけで本当に支払が完了しました。

 

決済結果はリアルタイムでアプリに反映され、どこの店でいくら使ったのかが記録されます。さすがに何を購入したのかは確認できませんが、月にいくら使ったのかは簡単に確認出来るため、家計簿をノートにつける必要も無くなるでしょう。

 

もちろんクレジットカードも月毎に明細が出ますので、ペイペイの優位性はリアルタイムで反映されることでしょうか。

 

 

まとめ

使用してみたところ、クレジットカードや交通系カードといった決済方法と比較して、特別優位性を感じることはありません。

 

なぜこんなにまで話題になっているのかというと、やはりキャンペーンです。アプリ登録で500円、そして購入金額の20%還元という圧倒的なキャンペーンが話題を呼んでいるのです。

 

決済アプリは現在LINE PAYや楽天 PAYなど乱立状態で、まさに決済アプリの戦国時代に突入しています。

 

ペイペイは後発組ですが、今回のキャンペーンで、知名度が一気に上がり、今後の展開が楽しみになっています。

 

ちなみに現在はキャンペーン中で還元率20%となっていますが、通常時では還元率0.5%となっていますので要注意です。

決済アプリについては新たなキャンペーンや使用してみた感想などについて書いていきたいと思います。